幸薄 空の独り言

主にメルストやシャドバなどのゲームに関することを書いていきます

「冥府エルフ」【シャドバデッキ紹介】

1コストで有能なフォロワーが多く、大体が低コストなリーダー「エルフ」

今回は30枚以上のカードを墓地に溜め『冥府への道』をフィニッシャーに勝利することを目標に戦うHonire式「冥府エルフ」を紹介したいと思います

 

デッキレシピはこちら

f:id:Honire:20170305190848p:image

(写真を1枚に納めるために『自然の導き』を1枚抜いてます)

 

「冥府エルフ」ではあるんですが『冥府への道』でフィニッシュしたことが一度もありません…

墓地が溜まる頃には負けてるか、『マヘス』などで粘り強く削り、削りきってしまうためです

墓地が溜まり、勝てそうな時には相手の体力が6前後であることが多いのですが中々『冥府の道』が引けないので数ターン掛けて残りを削って倒しました…

最近はなかなか『フェアリー』を大量に消費する戦い方が出来ないため『ウォーターフェアリー』などの〈ラストワード〉カードは抜いてます

よって『マヘス』や、『クリスタリアプリンセス』など有用なカードを多く入れていれており、『覇食帝カイザ』の人参特攻をするためにも『運命の導き』は採用しませんでした

『冥府への道』が序盤に来ると破壊されてしまうと困るため場に出せず手札に残るため複数枚手札に来ると大抵負けてしまうため1枚だけ入れてます

 

まず、序盤は『ベビーエルフメイ』や〈スペル〉の特殊ダメージや、人参特攻でフォロワーを消費しない様に最小限の『フェアリー』を消費して戦います

『クリスタリア・リリィ』が来てしまったら後半に使うので使わずに保持しておくこと

『マヘス』などの効果が発動できる様に手札には最低でも2枚『フェアリー』があるといいです

 

中盤までなるべく手札を使いすぎない様に注意して『森の意志』『フェアリービースト』を効果的に使える様にします

最近は『ドロシー』の大量展開が多いので相手が「ウィッチ」なら尚更注意が必要ですが、手札を温存してダメージを受けすぎるのも危険ですのでその辺も気をつけなければなりません

「エルフ」は手札を多く持つことが多いため、手札が溢れない様にもしないといけません

「冥府エルフ」は特にですね、「OTKエルフ」なら手札さえ揃えば溢れても平気ですし、消費もなかなか早いので寧ろ手札枯渇を気にしますから「冥府エルフ」よりかは楽ですが、こっちはリノ算が必要です

 

後半は『マヘス』『クリスタリアプリンセス』で凌ぎます

相手リーダーが「ネクロマンサー」なら『モルディカイ』を警戒して『クリスタリア・リリィ』『オーディン』以外のカードで耐えます『カムラ』などの後半戦用のカードが使われたなら『モルディカイ』の可能性が高いです

 

また、相手リーダーが「ビショップ」ならもちろん『セラフ・ラピス』警戒です

これには『オーディン』しか対抗策がないので勝てると確信するか、出ないと確信した時以外出してはいけません

アミュレット『エイラ』ならセラフの可能性大

アミュレット『守護の陽光』ならサタンの可能性が高いので『オーディン』使ってでも『守護の陽光』消して早期決着を目指しましょう

 

後半戦は火力が高くなるので被ダメージを極力減らし守護を切らさない様にしたいですね

しかし、展開し過ぎると『バハムート』で全滅の可能性があるので常に最悪を考えて動きましょう

 

初心者なので説明に不備があるかもしれません

なにか気になることがあれば質問頂けると嬉しいです

 

 

 

 


Twitter URL
https://mobile.twitter.com/_honire